お金をかっこよく使おうや♪(後編)~勇気はいらない”ワクワク長期投資”

  • 2019年12月28日
  • 2020年3月17日
  • 株の話
  • 58view

おはようございます。

今日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 




 

投資のリターンは「危険の報酬」ではない!!!

 

昨日書いたコチラの記事↓

関連記事

おはようございます。 今日もご訪問いただき、ありがとうございます。   発展途上の自分を見せる   タイトルの言葉はさわかみ投信取締役会長澤上篤人さんの言葉をそのままいただきました。 […]

 

今回、学びを得た本はコチラ↓

投資の極意は「感謝のこころ」
竹田 和平 澤上 篤人
PHP研究所
2009-03-19

 

昨日の記事では、この本から得ることのできた「投資」以外の学びについて書きました。

今日は、今まで私が持っていた投資の常識を完全にぶち壊してくれた、お二人の「真の投資」の考え方について書いてみたいと思います。

 

さわかみ投信の取締役会長
澤上篤人さん。

インターネットが普及し、私が本格的に株式投資を始めた2000年代始め。

その頃に長期投資家としてマネー誌で引っ張りだこだった澤上篤人さん。

私は自分で銘柄を選んで行う個別株投資が好きでしたので、人に任せる投信には全く興味がありませんでした。

そんな中、「長期投資」を軸として「手数料というコスト」にこだわり直販型という新しいスタイルを打ち出した澤上さん。

雑誌で澤上さんの信念を見るたび、「この人なら、自分のお金を任せたい」と思うようになりました。

 

そして月1万円だったと思いますが、さわかみ投信で積み立てを始めました。

残念ながら・・・マンション購入時。

キャンペーン金利でローンを契約するために約800万円という頭金が必要になり、さわかみ投信をその時に解約して現金を作ることになりました。

関連記事

おはようございます。 今日もご訪問いただき、ありがとうございます。   [afTag id=1629]   昨日は「住宅ローンの完済計画」について、詳しく書かせていただきました。 完済[…]

マンション購入時の話しはコチラ

 

当時、投信に全く興味のなかった私の心を動かした澤上さん。

久しぶりに澤上さんの投資への考え方に触れ、和平さんとのこの対談で「投資というのは本来こうあるべきだよな」ということを、改めて考えさせてもらいました。

 

この本で私がぶち壊された
「投資の常識」

それは「ハイリスクハイリターン」という考え方です。

これ・・・ほとんどの人が常識として頭に埋め込まれていませんか?

私もずっとそう思ってきました。

リスクをとって投資をしたから、今の自分はその恩恵を受けている。

リスクを取らずに現金で持つ人は、超低金利で我慢するしかない。

 

だから・・・・先日の「株の話」の記事に、私は大きなリターンを得るために次の暴落時には、勇気(リスク)を出して買い進む。と書きました。

みんなが相場から逃げ出す暴落時に、勇気(リスク)を持って挑んでいくからこそ・・・大きなリターンを得られる。そんな考えです。

投資のリターンは「危険の報酬である」そういった考え方です。

 

和平さんの投資哲学に触れ、ようやく「企業を応援したい」

そういう気持ちが芽生えてきた私でしたが、まだ「真の投資」の意味がわかっていませんでした。

投資とは「どうぞこのお金を使って下さい。がんばってください」と、世の中の必要なところに資本家としてお金を提供すること。

そしてそんなお金が一番必要な時、というのは・・・・それはみんながこぞって逃げ出す暴落時であるということ。

 

お金がないと経済は動きません。

そんな時に長期投資家が「応援するよ。がんばって!」という気持ちでお金を出す。

投入されたお金が経済の現場でグルグル回って、世の中の状況が良くなる。

そうなれば、結果的にリターンが得られるのだと。

投資のリターンは「危険の報酬」ではない!

投資のリターンは、世の中のお役に立てば当然に「戻ってくるもの」だ。ということが書かれていました。

 

今まで成功法則や引き寄せ、宇宙の法則などを、興味を持って勉強してきました。

そんな世の中の法則に少しでも触れたことがある方には・・・

この投資の本質。きっとすぐに理解できますよね?

法則の勉強をたくさんしてきたというのに・・・「ハイリスクハイリターン」という、自分の頭に刷り込まれた常識の存在があまりにも大きくて、この本に書かれていた当たり前のことに、ずっと気が付きませんでした。

私はより多くのリターンを得るためにたくさんの”勇気”をもって次の暴落時は買い進んで行こうと決めていました。

 

けれど、この本で知った和平さん、澤上さんの「真の投資家」としての考え方に私はとってもワクワクしました。

「勇気なんて必要ないじゃん!」「応援するよ!今は厳しいけど頑張って!」

そんな気持ちで・・・HAPPY MONEYを回すだけ。

 

人は誰かの役に立ったり、世間のために動いたり…そういったことにも幸せを感じます。

 

危険の報酬を受け取るために勇気(リスク)と一緒に大切なお金を差し出すのか・・・
自分のお金が、経済の活性化に一役買っているんだな☆とか…自分の好きな会社が困っているのを助けたい!応援したい!「頑張って!!!」と・・
そんなワクワク幸せな気持ちで、自分の大切なお金を送り出すか?

 

同じお金を出すのに…、お金に乗せてる想いが全然違う。
どっちのお金の使い方に、自分はトキメクのか。

どっちの使い方が私はかっこいいと思うのか?

それはもうHAPPY MONEYに決まっています(☆゚∀゚)

 

でもまぁテレビや新聞などでは「日経平均どこまで下がるか!!」と不安を煽るような情報がきっとたくさん流れます。そして、不安にもなると思う。

少しは勇気も必要と思う。

でも、そんなときには「じゃあ、世の中みんなの生活で何が変わったの?」というのを見るといいって!

不況!不況!と言われていて、たしかにボーナスが下がったとか、マイナスな面もあるかもしれない。

だけど不況と言いながらも、みんな好きな洋服買ったり、外食したり、映画見に行ったり、カフェでお茶したり・・・きっと大勢の人が、今と同じことを楽しんでる。

 

逆に今だって株価的には好景気なハズなのに・・・みんなが「厳しい!厳しい!」って言ってるのと同じ(笑)

何も変わらない。

不景気だと言っても、みんなが食べて飲んで、普通に生活するだけで、経済はちゃんと回ってる。

それを思い出すといいよと本には書かれていました。

 

和平さんは日本一の個人投資家と呼ばれていた方です。

そんな和平さんのもとにはたくさんの雑誌やテレビがインタビューに来ますよね。

和平さんは必ず「徳」の投資の話をされるのですが、視聴者受け、読者受けするのは日本一の投資家が語る「投資のテクニック(儲け方)」の方ですよね。

だから徳の話しよりもそっちの話しがメインで取り上げられてしまう。

でもこの本にはテクニックの話しはほとんど出てきません。

和平さんと同じく「徳の投資」をされている澤上さんとの対談であり、そういった話に特化された貴重な本です。

もしも数日前の私と同じように、「”勇気”を持って暴落時に買い進もう!」

そう思われていた方がみえましたら、その前にこの本を読むことをおススメします。

 

暴落時に積極的に買い進む。

やると決めた行動は同じでも、先日の記事を書いた私と、今の私では心持ちが全然違う。

この本を読めば、「勇気」の必要量を減らし、「ワクワク」を持って、買い進むことができるようになると思います!

投資の極意は「ありがとう」

まだまだ伝えきれないことがたくさんあります。私にはその全てを伝える能力がありません。

昨日の記事にも書いた通り、あとがき部分にも学べることがたくさんあります。

多くの方が、この本を読んで、ワクワク楽しみながら投資ができる世の中になって欲しいと願います。

みんなで一緒に・・・日本のため、世の中のため、そして自分のために・・

お金をかっこよく使おうや♪

 

☆★☆★66億円ゲーム☆★☆★
★105日目(1050万円)
①10%を寄付
1,050,000円
②将来の投資に向けて貯金!
9,450,000円

(累計使用額551,400,000円)
(内投資額累計285,500,000円)
(米ドル貯金累計 272,098ドル)
(日本円貯金累計 55,350,000円
(配当年間累計額10,089,000円)

 

今日の記事に「共感できる!」「イイね!」
と思ってくれたら・・

「イイね!」ボタンの代わりに
応援ポチッしてもらえたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

いつもありがとうございます。

 

最新情報をチェックしよう!
>note

note

noteで日記を書いています。 ミイコの感じた日々のシアワセ☆ 良かったら、のぞきにきてください。 フォロー、スキ大歓迎! 泣いて喜びます(^○^)