老後夫婦二人の家計を”見える化”~目指せ年金サバイバル生活☆彡

こんにちは。

今日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 

先日、めでたく住宅ローンを完済となった我が家。

住宅ローンの支払いという固定支出がなくなったので、毎月の家計管理の見直しを行いました。

そしてついでに・・・老後夫婦二人になったら月々の家計はどうなるか?

ざっくりとですが、見える化してみましたよ!

 

家計管理は収入・支出に変化があるたび見直します

夫のお給料は完全固定給。

私の家計管理法は、夫の収入から千円単位で予算を組み、お給料の支給と同時に予算通りに現金を引き出し、袋分け・財布わけ・通帳わけして管理しています。

先日住宅ローン完済となりましたので、家計管理の見直しを行いました。

 

関連記事

  2020年2月26日。 本日、最後の住宅ローン引き落としをもって、無事住宅ローン完済となりました。 さて、これで来月からは約6万円の引き落とし(固定支出)がなくなりました。 収入・支出の変化があった際に[…]

 

せっかくなので新しくつくった家計管理表から、子どものための支出を抜き出し、私たち夫婦二人なら月にいくらで生活できるのか?を計算してみました。

 

老後の生活費27万もいるのかな?

 

こちらです。(またしても見にくくてすいません!)

これは、現在の我が家の家計から子供に必要なお金と、夫の個人年金など老後必要のなくなるお金を差し引いた金額です。

現在の家計管理表もこの表にあるように「口座に残すお金」「現金で引き出して使うお金」「貯金」とわけて考えています。

表にある住宅費6万円は、今後修繕積立金が値上がりすると思いますので、今より少し多めにしてあります。

 

携帯代は光熱費2万円に含まれています。

現在夫婦ともにガラケーですので、2人で月3000円くらいです。

その頃にはガラケーはないでしょうし、その代わりスマホが安くなってたりするかはわかりませんが、現時点の状況で計算しています。

 

医療費は雑費1万円に含まれていますが、現状は月2000円医療費として積立しています。

老後になると更に増えることが予想されますが、いまの2000円のまま計算しています。

あと、この中に含まれていないのが夫婦のお小遣いです。

お小遣いは余裕があればそれを二人で分ければいいので、今は予算は立てられず。

 

貯金の中の「沖縄貯金」以外は、必要経費ですね。(車・家電積み立て)

沖縄貯金も含む貯金35000円と合わせて、205,000円が私たち夫婦にとって月々必要な金額になりました。

貯金をのぞけば、170,000円です。

これは我が家のガチな金額です。

 

老後の生活費は25万円とか27万円とか言われていますが、そんなに必要ない気もしてきました。

けれど貯金35000円も含め、プラスしてお小遣い・交際費に5万円を毎月支出すれば25万円となりますね。

やっぱり25万円なのかな?とも思いますが、私から見ると「ちょっと贅沢して25万円」という感覚です。

余裕のある老後の生活費は32万円ほどだと言われていますので、それより5万円少ない27万円もあれば、私としては”ゆとりある老後”を楽しめる気がします。

が、これも健康あってのことですね。

 

憧れは年金サバイバル生活だ!

私たち夫婦は、DINKS時代から住宅ローンを背負ってきましたので、子どもが産まれる前から節約が当たり前でした。

私のお小遣いは専業主婦になった時に5000円に減らしましたが、夫のお小遣いは子供が産まれる前も今もずっと変わりません。(元々少ない)

旅行にだけはお金をかけますが、いい車にも乗りませんし、服にもお金をかけませんし、本当に質素な生活です。

 

その頃年金が減った分はもう少しなんとか節約して、夢の「年金サバイバル生活」なんとかできないかな~?

私の好きなブログのひとつ。

月68000円の年金で「年金サバイバル生活」をされている方がみえます。

 

 

少ない年金の中でも、生活に様々な工夫をされていて、たまにお料理の写真なんかもあったり本当にほっこりするのです。

上の記事にも書いていますが、このブログに「貧乏」という言葉は似合わず、「豊かさ」しか伝わってきません。

 

私は「お金に縛られない自由で豊かな老後」を得るため資産1億円を夢・目標としておりますが、「必要経費は年金で」という無駄を省いたサバイバル生活にとても憧れます。

先日の家計管理の見直しで「ボーナスはフリーにしたい」と言ったのと同じ感覚でしょうか?

お金がたくさんあったとしても、「無駄なく収入の範囲でやりくりする」というサバイバル感が、私にとっては達成感を得られ、とってもワクワク楽しいことなんですよね!

 

逆に、必要経費を不安定なボーナスで補填したり、老後の貯蓄から取り崩す、といったことは私にとってはストレスです。

だからいくらどれだけお金があろうが、「生活の必要経費は年金(収入の範囲内)で」

将来年金がいくらいただけるかわかりませんが、夫婦の年金の範囲内でやりくりするのが私の憧れであり、今からの楽しみでもあります。

腕の見せどころ!だと思っています(笑)

 

夫婦の老後のお小遣いは、株や不動産投信からの配当・分配金で賄うことが私の目標です。

年金以外でもお金の入り口があるということは、とってもありがたいことですね。

「必要経費(生活費)は年金で」「小遣い・楽しみは別口座から」

こんな生活目指して、これからもワクワク貯金に励んでいきたいです。

 

 

関連記事

  「毎月の家計管理どうしてますか?」   ●夫婦と小学生の子供2人の4人家族 ●夫の年収500万円台 ●妻は月5~6万円のパート主婦   特別高給取りでもない[…]

 

 

今日の記事に「いいね!」「共感できる!」と思ってくれたら、イイねボタンの代わりに1ポチ応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者様からの応援ポチが更新の励みになります。

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>note

note

noteで日記を書いています。 ミイコの感じた日々のシアワセ☆ 良かったら、のぞきにきてください。 フォロー、スキ大歓迎! 泣いて喜びます(^○^)