<LINE証券>銘柄の選び方どうする?~カンタン楽しい”株式投資”の始め方♪

ただいまLINE証券では、簡単なクイズに正解すると

「3株もらえる”初株チャンスキャンペーン”」を実施中♪

 

LINE証券口座開設

 

口座開設はスマホひとつですべて完結。

開設後にかんたんなクイズに答えるだけで、

10社ほどの対象銘柄の中から好きな株を最高3株(2100円相当)もらえちゃうという、とってもお得なキャンペーンです♪

 

プレゼント対象銘柄の中に・・・

「この会社の株が欲しい!」というものがあればいいのですが、なかなかそううまくはいきません♪

なので私は自分の好きな会社の株を買うための資金とするべく、すでに売却させてもらっています。

LINE証券さん、ありがとうございます。

 

関連記事

現在、LINE証券が一周年記念キャンペーン中! 口座開設で1000円+クイズに答えて最大3株分(2100円相当)の購入代金 をいただけるという、なんともお得すぎるキャンペーンです。 ※口座開設で1000円もらえるキャンペー[…]

 

 

あなたはこれからどのように株式投資をしていきたいですか?

積極的にキャピタルゲイン(売却益)を狙っていき、投資でたくさんの利益を得たいと思っていますか?

自分の好きな企業の株主になって、配当や株主優待といったインカムゲインを受け取りながら長期に渡ってその企業を応援したいと思っていますか?

ひとくくりに「株式投資」とは言っても、そこには様々な投資手法があります。

 

◎キャピタルゲインを積極的に狙うにしても、長期投資で大きく狙うのか?

◎それともディトレードのような短期売買で勝負したいのか?

◎長期で配当金を目的として地道に資産増を計画する人もいれば、

◎株主優待狙いで次から次へと新しい銘柄に資金をシフトしていく人もいる。

◎株価チェックが楽しくて頻繁に売買を楽しみたい人もいれば、

◎ほったらかしでも利益をあげられたらいいなと思う人もいる。

 

自分はどんな手法を得意とするか?

どんな投資を楽しいと思うのか?

投資の為にどれだけ時間を割けるのか?

好みもありますし、正解はその人によって違ってきます。

 

いざ、勇気を出して証券口座を開設してみたものの・・・

 

「これからどうやって進めていけばいいのかわからない!」

 

そんな方に向けて、今日は私なりの投資を楽しむ方法を書いていきたいと思います。

 

私の株式投資のモットーは、

上がっても良し、下がっても良しの<ワクワク楽しい株式投資>

です。

 

リーマンショックでの失敗から、

株価が上がっている時も下がっている時もワクワク楽しくいられる投資法に行きつきました。

キャピタルゲインを積極的に狙う投資法ではなく、私はインカムゲインを重要視しています。

(もちろんキャピタルゲインも大歓迎です♡)

私なりの考え方になりますが、これから投資を始める方の参考になれば幸いです。

 

関連記事

LINE証券が一周年記念キャンペーン中とのお得情報をゲット! 口座開設で1000円+クイズに答えて最大3株分(2100円相当)の購入代金 をいただけるという、なんともお得すぎるキャンペーンです。 ※口座開設で1000円キャ[…]

 

私のLINE証券のブログ記事は、基本的にコチラ↑の記事を読んでいただいた投資初心者の方向けに書いています。

私の投資への想いも綴っていますし、過去記事にて説明した投資用語については毎回詳しく解説していませんので、よかったら順番に読み進めてくださいね♪

 

また、私は<ワクワク楽しい株式投資>を広げるためにこのブログを書いています。

将来の不安やお金の心配から投資を始めるのではなく、投資自体を楽しんでくれる人が増えたらいいなと思っているからです。

なので私が大事にしている部分は、これから何度も何度も同じことをブログに書いていきます。

 

続けて読んでくださってる読者様には「またこれかぁ」となってしまうかもしれません。

けれど、毎回新しい読者様も見に来てくださっています。

私の投資への想いを語らずして、このブログは成り立ちませんのでご理解いただけたら嬉しいです。

 

 

 

ワクワク楽しい株式投資

こちらが、私の投資の基本方針<ワクワク楽しい株式投資>の三箇条になります♪

 

①自分の好きな企業を買う

基本的に銘柄選定は

「自分の好きな企業を長期的に応援する目的で買う」ことにしています。

 

そのうえで、

株価上昇の恩恵を受けられる可能性がある(売却益)

定期的に利益の還元を受けることができる(配当金)

株主優待券で大好きなお店にいくことができる(株主優待)
(優待品として好きな企業の商品が送られてくる)

というようなお楽しみを味わいながら、ワクワク楽しく株式投資ができればいいと考えています。

応援と言っても、もちろん「無償の愛」ではなく(笑)、

「応援しながら自分もその会社の利益の一部を受け取る」ことを目的としているわけです。

 

 

上の記事↑でも説明しましたが、

 

証券口座にログインすると「評価損益」と言って、その日の「株価(時価)」によって自分の資産が増えたり減ったりする数値をみることができます。

これがマイナスになることを「含み損」といい、

購入したときの株価と現在の時価の差額(=損してる金額)が

 

このような感じで表示され、その数値をログインするたびに目にすることになるわけです。

(実際には、購入単価や現在評価額等も並んで一緒に表示されます)

 

これらの数字を見て、

「吉野家だけで5万円も損してる!!!」

「全部で12万以上損してる!!」

と、ビビッてしまいますが、これはあくまで「含み損」です。

 

「含み損」というのは「まだ実現していない損失」を指します。

株はどれだけ含み損が膨らんでいても、自分がその株を売却するか、投資先が倒産して強制終了とならない限りは、実際の損は確定しません。

反対も同じです。

どれだけその時の評価損益がプラスであっても、それはあくまで「含み益(まだ実現していない利益)」であり、実際に売却するまでは自分の本当の利益とはならないのです。

まずはここをしっかりと押さえておくことが大切です。

 

なので、株価が低迷している(含み損が膨らんでいる)間は、好きな企業の株主優待を受け取ったり配当をもらいながらゆったりニコニコ待てばいい。

もちろん、株価が上がっている時はそれだけでもワクワク楽しい。

「上がっても楽しい、下がっても楽しい♪」を味わうのに必要なことは

自分の好きな企業の株を買うこと

それが<ワクワク楽しい株式投資>の基本です。

 

②投資は必ず余裕資金で

値動きのある投資商品は、自分が必要なときに損せず自由に引き出して使える保証がありません。

もちろん、損して売ることは可能ですが、誰も好んでそんなことはしたくないはず。

株価は常に上下に動いているものですが、

「失われた10年、20年」という言葉を聞いたことがあると思います。

 

もしかしたら10~20年くらいは株価が低迷することもあるかもしれない。

低迷の中でももちろん上下はありますが、数年後に確実に使う予定のあるお金は投資には回さない方が良いと私は思っています。

 

我が家の場合は、夫婦で株式投資を趣味としています。

なので金融資産の中での投資資金の割合は、一般の家庭よりかなり高めです。

それでも、もしもの時の「生活防衛資金」や、使う時期が決まっている子どもの大学進学費用などはリスクのない学資保険で準備するなど安全を確保しています。

 

必要なお金を投資に回してしまうと、焦りや不安から正常な判断ができなくなる恐れがあります。

これは私自身がリーマンショック時に身をもって体験してきたことです。

 

<ワクワク楽しい株式投資>には、「余裕」「ゆとり」が欠かせません。

「焦り」「不安」があるとワクワクからは遠ざかってしまいます。

投資は必ず余裕資金で♪

気を付けていきたいですね。

 

関連記事

投資とは、銀行預金などより多くの利益を上げることができる可能性がある反面、元金を減らしてしまうリスクがあるものです。 多くの方が、投資を始める前にまずは投資について本やインターネットから情報を得て投資について学ぶだろうと思います。 […]

③投資の失敗を人のせいにしない

これも過去記事で何度も何度も書いてきたことです。

私も若くして投資を始めたころに、父に口を酸っぱくして言われ続けてきたことだから♪

とってもとっても大事なことだと思っています。

 

投資とは「短い少しの期間だけやることではない」と私は考えています。

一度始めたら今後は預貯金と同じように、自分の将来の資産形成のために一生付き合っていくものだと思っています。

一生付き合っていくものだからこそ、失敗での学びは今後のためのかけがえのない宝なんです。

 

「投資の失敗を人のせいにしていたら・・・そこからの学びがすべて失われる」

 

投資の失敗で大切なお金も失って、失敗からの学びまで失ってしまったら・・・

本当に目も当てられません(泣)

だからこれは「絶対のお約束!」だと私は思っています。

 

どうやって銘柄を選べばいい?

ようやく、この記事の本題に入っていきますね(笑)

 

「とりあえず証券口座を開設してみたけれど、ここからどうしたらいいの?」

「どうやって投資をする銘柄を選んでいけばいいの?」

 

事前にたくさんお勉強をされてきた方は、すでに欲しいと思っている銘柄がいくつかあるかもしれません。

けれど、私のこのブログでは

事前準備なしでも「とりあえず、はじめてみようよ♪」

武器は走りながら拾え

と、謳っています。

 

この言葉通りに行動された方はきっと、「で、ここからどうしたらいいの?」となりますよね(笑)

ここまで続けて読んでくださったあなたは、私の<ワクワク楽しい株式投資>に「イイネ!」をつけて下さったものと思いますので、以下の方法で投資をスタートしてみてください。

 

♡ ♡ ♡

①1株対象銘柄から自分の好きな会社を探してみよう

LINE証券で「1株投資」が可能な銘柄は、現在315社です。

ここにその一部を抜粋してきました!

 

・大和ハウス工業(1925)

・日清製粉グループ本社(2002)

・江崎グリコ(2206)

・山崎製パン(2212)

・カルビー(2229)

・森永乳業(2264)

・ヤクルト本社(2267)

・日本ハム(2282)

・キリンホールディングス(2503)

サントリー食品インターナショナル(2587)

・アサヒグループホールディングス(2502)

・伊藤園(2593)

日本マクドナルドホールディングス(2702)

・味の素(2802)

・キューピー(2809)

カゴメ(2811)

ビックカメラ(3048)

日本たばこ産業(JT)(2914)

・マツモトキヨシホールディングス(3088)

すかいらーくホールディングス(3197)

・セブン&アイ・ホールディングス(3382)

コメダホールディングス(3543)

・スシローグルーバルホールディングス(3563)

・花王(4452)

・武田薬品工業(4502)

・オリエンタルランド(4661)

ラウンドワン(4680)

・楽天(4755)

・資生堂(4911)

・ファンケル(4921)

・ライオン(4921)

ソニー(6758)

・ゆうちょ銀行(7182)

・トヨタ自動車(7203)

・良品計画(7453)

西松屋チェーン(7545)

・ワークマン(7564)

サイゼイヤ(7581)

・バンダイナムコホールディングス(7832)

アシックス(7936)

・ファミリーマート(8028)

・ユニ・チャーム(8113)

イオン(8267)

・セブン銀行(8410)

オリックス(8591)

KDDI(9433)

・NTTドコモ(9437)

・エイチ・アイ・エス(9603)

・カプコン(9697)

・セコム(9735)

ヤマダ電機(9831)

・ニトリホールディングス(9843)

吉野家ホールディングス(9861)

・ファーストリテイリング(9983)

 

ほんの一部ですが、誰もが生活の中で馴染みのある銘柄を選んできたつもりです。

(ちなみに、太字は過去に私が保有していた銘柄の一部になります)

この中に、あなたの愛用している商品の会社や好きなサービス、家族が好きな外食チェーンはありませんか?

 

「できる限り、勉強せずに簡単に投資を楽しみたい!!」

 

という方には、自分の知ってる好きな銘柄を選ぶのが一番カンタンですよね♪

自分が普段から愛用しているサービスです。

その会社は近いうちに倒産しそうだと思いますか?

倒産さえなければ、上に書いたように一時的に株価が下がっていてもニコニコ笑って待てばいい。

(もちろん業績不調、不祥事などの理由により株価が戻らないケースもあります)

 

まずはあなたの気になる銘柄をいくつかチェックしてみてください。

そこから何を優先するか?

業績・チャートなど、興味があるならそこから掘り下げて調べていきましょう♪

 

こちらのページ↓から対象315銘柄のチェックが可能です。

不明な点はLINEヘルプで簡単に確認できます。…

対象315銘柄は、時々入れ替えがあるようです。

よかったらチェックしてみてくださいね。

 

②国内ETF(上場投資信託)もアリ

もしも「特にどこも欲しいとこがないなぁ」という方は、

国内ETF(上場投資信託)という選択肢もあります。

ETFとは、証券取引所に上場している「投資信託」になります。

個別株と同じようにその時間時間で値動きがあり、その場での売買が可能です。

 

通常の投資信託はその日の「基準価格」というものがあり、基本的に指値注文ができません。

指値注文というのは、

「株価1500円になったら買い!1800円になったら売り!」

という感じで、値段を指定して売買注文を予約できるシステムを指します。

 

ETFは個別株と同様に株式市場で売買できる投資信託なので、この指値注文も可能ですしリアルタイムで値動きを見ながらの売買もできます。

私の中では「気軽に売買のしやすい投資信託」だという位置づけです。

 

LINE証券では15種類のETFが「1株投資」の対象となっています。

たとえば、

・日経225連動型上場投資信託(1321)

は、日経平均株価に連動しているETFです。

これを買っておけば、個別株を買うより「分散投資」になりますね。

参考程度に♪

 

③「色々勉強してみたい」という方には

もうちょっと踏み込んで、色々勉強してみたいなという方には月刊誌での情報収集をおススメします。

 

 

投資初心者に向けた「投資本」を一冊買うよりも、こういった月刊誌はとても読みやすく新しい情報も得られます。

気になる「特集」が組まれた月のものをお試しに一冊買ってみると、色々と勉強になると思いますよ。

毎月おススメ銘柄も載っていますので、その中で自分自身が「いいな」と感じたものを買ってみても楽しいですね。

 

今はインターネットもありますが、本からは自分の思いもよらない情報が得られたりしますよね。

ネット情報は基本的に、自分が「検索ワード」を打ち込んでこその情報です。

なので情報に偏りが出やすいです。

 

特に投資を始めたばかりの頃は、自分の中に検索できるだけの知識があまりない状態です。

なので最初だけは、本や雑誌などからまんべんなくたくさんの知識を仕入れること。

その上で、ネット検索は興味を持ったものを深く掘り下げて行くのに使われるのがいいかなと思います。

 

私は今でこそほとんど投資本の購入はしませんが、昔はこういった雑誌を毎月定期購読し、たくさんの新しい情報を得ていました。

私の株の師匠である現在70代の父は、株の取引はインターネットで行っていますが、

情報収集はもっぱら

日本経済新聞

日経マネー・ダイヤモンドzaiなどの月刊誌

証券営業マンからの情報

の三つです。

 

ネットをうまく使いこなせていないということもありますが、アナログにはアナログの良さがありますよね。

ぜひこういった読みやすい月刊誌を、今後の勉強に活用してみてくださいね。

 

④銘柄についての詳しい情報はググる!

気になる銘柄が決まったら、自分の優先順位に合わせて気になることをググっていきましょう。

株主優待の有無や内容なら、LINE証券内で検索するよりググった方が早いです。

わかりやすく写真付きで説明してくれるサイトがたくさんあります。

それらを見ているだけで夢が広がり楽しくなってきます。

 

配当重視の投資スタンスを取っている方のブログもたくさんあります。

「配当」が気になる方は、そういった方のブログ内から情報を得てもよいと思います。

自分の気になる企業の知りたい部分を、とにかくググってみるのがおススメです。

 

⑤株売買のタイミングについて

当たり前ですが、株の未来の動きは誰にもわかりません。

つまり正しい買いタイミングや売りのタイミングは、誰にもわからない。

 

その企業の業績や事業内容に何も問題がなくても、株式市場全体が暴落すればよほどの好材料がない限り、ほとんどの銘柄がつられて下げます。

現在コロナショック後、日経平均は23000円を回復しています。

この株価をどう感じているかは人それぞれですが、私は<LINE証券>最初の記事にも書いた通り、基本的に今は逃げスタンスを取っています。

 

私が普段買いや売りのタイミングを図るのにチェックするのは、

日経平均株価のうごき

各銘柄の株価チャート

SBI証券での業績チェック
(晴れマークや雨マークで簡単に表示されるものがあるんです)

くらいです。

 

私は投資の難しい指標や、業績の数字を読み解く力を持っていません。

 

なので、そんな私にできることは、

どの銘柄も影響を受けてしまう「日経平均株価」の動きを常に気にしつつ・・・

株価チャートでその銘柄が現在高値圏にいるのか安値圏にいるのかをまずチェック。

チャートについては、コチラ↓の記事で書いています。

 

関連記事

政府からいただけた、一人10万円の「特別定額給付金」 みなさんは、どのような使い道を選ばれましたか? 我が家は飲食店応援に使ったり、旅行に使いたかったけど使えなかったり・・・ 休校中は食費がドーーーんと増えたので、今後の自[…]

 

そしてそのあとは簡単に、SBI証券の晴れマーク(業績よし)、雨マーク(業績悪し)でかるーく判断する程度です(笑)

そんなんでも・・・株式投資は充分に楽しめます♡

 

株価チャートをどれだけ眺めても、未来は誰にもわかりません!!

現在が一番の高値圏であっても、その後もっともっとあがるかもしれません。

今がチャート上で一番の高値でも、数カ月後にチャートを見れば、ただの上昇の途中である可能性だって十分にあるわけです。

逆もしかり。ですね♪

 

おわりに

株の正しい売買のタイミングは誰にもわからない。

すべては結果論だからです。

 

だからこその「少額からまずはとりあえずはじめてみよう♪」なんです。

少額なら失敗してもそれほど深手を負うことはありません。

リスクはゼロではありませんが、投資はギャンブルではないので「0か100か」の結果になる可能性はとても少ないです。

10万円が突然0円になるリスク(倒産)は、ギャンブルと比べても極めて低いと考えています。

 

私は投資を始めてから20年の間に一度だけ倒産を経験したことがありますが、それでさえも「0」になったわけではありません。

たくさんの投資先の中からたったひとつの会社が倒産しただけですから。

その「0」になるリスクを回避する考え方が「分散投資」というやつです。

 

投資の世界には、

 

「たまごをひとつのカゴに盛るな」

 

という格言があります。

 

リスクをゼロにすることは難しいけれど、リスクをできる限り少なくすることは可能です。

「まずは少額からはじめる」

というのもリスク回避のひとつです。

 

私は普段SBI証券でメインで取引をしていますが、上にも書いた通り現在そちらの口座では完全に逃げスタンスに入っています。

ほとんどの持ち株を現金化し、次の暴落に備える体制をとっています。

 

そんな中で、なぜあなたには

「いま、LINE証券での少額投資を勧めるのか?」

については、コチラの記事↓に書かせてもらっています。

 

関連記事

LINE証券が一周年記念キャンペーン中とのお得情報をゲット! 口座開設で1000円+クイズに答えて最大3株分(2100円相当)の購入代金 をいただけるという、なんともお得すぎるキャンペーンです。 ※口座開設で1000円キャ[…]

 

株式投資が趣味の私にとって、いまのこの状況はまったくおもしろくありません。

持ち株もほぼ手放し、その上ここ数カ月はなにも動けずにいるからです。

大金を動かすには、いまはちょっと怖くてなかなか動けない。

 

けれど新しく開設したこのLINE証券はまったく別物です。

現在、私のLINE証券の総資産はコチラ。

 

 

お小遣い程度の金額なので、SBI証券で楽しめない分、こちらで色々と楽しんでいきたいと思っています。

 

一番上の方に

基本的に銘柄選定は

「自分の好きな企業を長期的に応援する目的で買う」ことにしています。

と書きましたが、私は比較的短期(数日~数カ月)で売買する「スイングトレード」も大好きです。

ほったらかしの長期投資だけでなく、売買も楽しみたいんですよね♪

 

LINE証券でも、自分の好きな銘柄を選び<ワクワク楽しい株式投資>を意識しながら、この「スイングトレード」を楽しんでみたいと思っています。

今は買い時を狙っているところです。

 

先日、安倍首相が辞任を発表後に株価が急落しましたが、気づくのが夕方で(泣)

翌日には株価は戻ってしまいましたね。

「買い時を逃したーーー」と悔しい思いをしているところです(笑)

 

私自身の売買については、また日記で綴っていきます。

「LINE証券での実際の取引方法」についても、次回以降書いていく予定です。

引き続き読んでいただけたらうれしいです。

ありがとうございます♪

 

\スマホひとつでカンタン口座開設/

公式ホームページ>>>>   LINE証券

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>note

note

noteで日記を書いています。 ミイコの感じた日々のシアワセ☆ 良かったら、のぞきにきてください。 フォロー、スキ大歓迎! 泣いて喜びます(^○^)