NO IMAGE

「少子高齢化」で輸血用血液が不足する?~一緒に献血始めませんか?

おはようございます。

今日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 

献血に行ってきました!

 

昨日は初めて派遣会社の登録会に行ってきました。

初めての経験でしたのでドキドキしましたが、コーディネーターさんも営業さんもとても良い方で自分の希望を正直にお話することができました。

スキルチェックのテストも面白かったです☆彡Excelのテストは30点でしたが(笑)

 

昨日の記事に書いた「やりたいことリスト」のひとつに「献血」がありました。

 

ちょうど街に出たので献血ルームに行ってきましたよ!

やりたいタイミングで街に出る用事ができた~。この登録会がなかったら、今年中に献血できなかったかも?

これも引き寄せかな?私、ツイテル~(☆゚∀゚)

 

今回献血をしたいという気持ちになったのは「未来の年表」という本を読んだからです。

 

この「未来の年表」という本は、少子高齢化で今後の日本がどうなっていくのかを、時系列に沿って説明してくれています。

そして、本には「人口の将来推計、それに基づく諸現象の予測は、極端に外れることはない。」と、書かれています。

自分で読んでみて、この本はぜひ日本国民全員に読んで欲しいと思いました。

政府に配布をお願いしたいくらいです。

 

「少子高齢化」と騒がれてはいるけれど、国民は私も含め何もわかっていない。

私もそうですが、「将来は年金が危ういよね」「労働力不足はAIで補うか?」という程度の認識の方が
多いんじゃないかと思います。

でもそれだけじゃないんですよ。興味のある方は、ぜひ一度「未来の年表」読んでみてくださいね。

 

献血の話しに戻ります。

未来の年表、2027年には「輸血用血液が不足する」と書かれています。

輸血用血液は約85%が50歳以上の患者に使用される。

一方で献血をしている人の約76%が50歳未満だとありました。(2012年度輸血状況調査)

 

少子高齢化によって、輸血が必要な患者が増える一方で、献血の対象となる若者はどんどん減っていく。

血液は人工で作る事ができず、保管も難しい。

今のうちに備蓄しておくことも出来ない為、常にコンスタントに必要になってきます。

血液がなければ、どんな最新医療が揃った病院でも、どんな名医がいたとしても適切な治療ができなくなる。

「病院に行けば助かる」という常識が崩れ去ると書かれていました。

 

この問題は・・・誰にとっても他人事ではないですよね。

いつ何時、自分や自分の家族が輸血を必要とするかわからない。

想像してみてください。

設備や医療スタッフも揃っているのに、血がないというだけで自分の大切な人が治療さえも受けられなかったら・・・。

 

読んだ瞬間、すぐに「これからは献血に行こう」と思いました。

献血について調べてみると、「趣味が献血!」という方が、世の中たくさんいるんですね。

献血のブログを読んで、楽しくなりました☆彡

色んな献血ルームに行きたくて旅先でも時間があれば献血するという方も居て(笑)

世の中のためにもなって、自分も楽しめるなんて素敵ですね!

 

今回初めてだったので、時間は採血後の休憩も含めて約1時間半かかりました。

説明を受けて、血圧測定、問診血液検査、本採血、休憩の流れでした。

血液検査と本採血、2回針を刺しました。

 

その流れの中で、たくさんのスタッフさんとの関わりがありました。

このスタッフさん達が・・・どの方もとてもにこやかで親しみやすく、ホテル並みの気持ちのよい対応をして
くださるんです。

常に何かにつけて「ありがとうございます」と笑顔をくれる。

 

自分の事を丁寧に大切に扱ってもらっている感じが・・・献血センターにいる間中、ずっとしていました。

ここまで自分を丁寧に扱われる感覚を味わえるのは、日常ではめったにないです。

本当にホテル並みの・・・気持ちよくなる対応をしていただきました。

 

何もお金も払っていないのに、ここまで丁寧に扱ってもらえるって、それだけですごく感動しました。

こちらこそ、ありがとうがいっぱい溢れて来て・・帰りもとても幸せな気分で家まで帰る事ができました。

献血センターには、お金のやりとりは一切ないけれど、愛がいっぱい溢れているんだなと思います。

お金も献血も「愛」ですからね。

お金(募金)も献血も同じ愛なんだな~

 

こんなに幸せ気分が味わえて、世の中のためにもなる。

「趣味が献血」という方が多いのもうなずけます。

私もこれからは積極的に献血をしていきたいと思います。

 

私の行った献血センターでは本採血の後、コインをもらえお菓子かアイスをいただく事が
できました。これもお楽しみのひとつですね。

FullSizeRender
上の注意事項に該当する方は献血を受けられません。
あと、ブログ情報では「朝食抜き」など前回の食事から時間が経っている場合も献血者の安全を考慮し断られるケースがあるそうです。参考にしてくださいね。

 

皆さんも一緒に献血始めてみませんか?

針を刺すのは痛いけれど、必ずそれ以上の幸せをいただけます。

本当に、幸せな一日だったなぁ。

自分を丁寧に大切に扱われるって、本当に幸せを感じます(*’-‘*)

 

☆★☆★66億円ゲーム☆★☆★
★88日目(880万円)
①10%を寄付
880,000円
②J社株 3900株
7,920,000円

(累計使用額387,484,000円)
(内投資額累計208,550,000円)
(米ドル貯金累計 272,098ドル)
(配当年間累計額7,818,000円)

 

今日の記事に「共感できる!」「イイね!」
と思ってくれたら・・

「イイね!」ボタンの代わりに
応援ポチッしてもらえたらうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

いつもありがとうございます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>note

note

noteで日記を書いています。 ミイコの感じた日々のシアワセ☆ 良かったら、のぞきにきてください。 フォロー、スキ大歓迎! 泣いて喜びます(^○^)