住宅ローン完済までの道のり~繰り上げ返済記録を公開します

2020年2月に住宅ローン完済した我が家。

 

繰り上げ返済を積極的に行っていくのか、それとも自由に動かせる資産として手元に置いておくのか。

どちらが正しい道かと聞かれれば、人それぞれだと思います。

自分の正解は自分にしかわかりません。

 

それでも

「みんなは、どうしているのだろう?」

というところは、みなさん気になることだと思います。

なので備忘録も兼ね、ここに完済までの我が家の繰り上げ返済記録を公開していきたいと思います。

 

 

 

40代年収500万円で完済!我が家の状況説明から

我が家の状況をまずご紹介♪

お金の運用、資産管理の正解は人それぞれ。

私は自分の家計管理に自信を持っていますが、それが他の家にも当てはまるとは思っていません。

私は我が家のライフプランに合った、我が家のためだけの資産運用をずっと考えてきました。

 

住宅ローン完済までの記録を公開するにあたり、どなたかのお役にたてたら嬉しいという思いで書いておりますが、

夫婦の年齢

子供の有無

手持ちの資産

夫婦の収入

などによって、考え方も変わってきます。

なので、まずは我が家の状況説明からしていきたいと思います。

 

まず、我が家は出産が遅かったという特徴があります。

夫が40歳の時に長男が誕生しています。

 

それは老後と大学進学がほぼ同時に来ることを意味します。

そして本来あるはずの「子ども独立後の貯め時」が全くないということですよね。

なので私は、「早期に住宅ローンを完済しなくては大変!」と考えたわけです。

 

3200万円のマンションは、当時の夫のお給料だけでは買えるものではありませんでした。

夫の当時の年収は350万円。

共働きだった私の年収も300万円弱。

どのようにしたら将来子どもを持つことを叶えると同時に、このマンションも手に入れることができるのか

夫婦二人で幾度となくシュミレーションを重ねました

 

関連記事

おはようございます。 今日もご訪問いただき、ありがとうございます。   [afTag id=1629]   昨日は「住宅ローンの完済計画」について、詳しく書かせていただきました。 完済[…]

 

住宅ローンは自分でカスタマイズ♪

マンション購入当時はまだ子どもがいませんでした。

でもいつかは子供が欲しいという希望がありました。

 

「夫婦二人でローンを組み、出産前に私名義の住宅ローンを完済させる

 

という計画でマンションを購入します。

 

当時夫の手取りが18万円、私が15万円ほどだったと記憶しています。

そこから2人分の住宅ローンの返済とマンションの管理費等合わせて約14万円を月々住宅費として充てていました。

いわゆる「理想の家計の割合」でいくと住宅費は25%以内におさえるべきというのが一般的なのですが、我が家は完全にそれを無視しています(笑)

けれどそれは「なんとかなるさ」という軽い考えではなく、当時の状況と将来のライフプランをしっかり考え抜いたうえでの決断でした。

 

月々の支払いは重いのですが、2人ともボーナス払いは併用せず完全フリーな資金として残すことで安全性を考慮しました。

これを安全と思うのかも人それぞれですが、2人同時にボーナスゼロになるリスクはそんなに高くないと私は判断したんですよね。

そして何より、安全ばかりに重点を置いていたら一向にローンを減らすことはできません。

安全を取るのか・・ガンガン返済していくのか・・という狭間で、私なりの正解を自分で模索し続けました

 

関連記事

こんにちは。 今日もご訪問いただき、ありがとうございます。   昨日、夫49歳で住宅ローン完済の手続きを終えた我が家。 帰ってきた夫に報告すると、やはり特段感動も何もない感じでした(笑) 来月からはロ[…]

 

私は両親の影響で、若い頃から株式投資を行ってきました。

投資においては、キャッシュポジション(現金比率)を考えるということも常に必要になります。

 

◎今はいくら現金として手元においておくか

◎いくら投資に回していくのか…

を、常に考えるということです。

 

手持ちの現金を全て投資に回してしまっては何かあったときに困ります。

が、逆に必要以上に将来のことを不安視すれば、絶好の投資チャンスを失うことになってしまいます。

ここで安全を取るのか攻めていくのかとローンについて考える際にも、この考え方が役にたったのかもしれません。

 

必要最低限の生活資金(月収の6か月分から1年分と言われていますね)を残し、あとはガンガン繰り上げ返済に充ててきました。

そのおかげで出産前に私名義のローンを完済。

住宅費は8万円台になっていましたので、出産後は夫の一馬力でも十分に対応が可能になっていました。

結果論ですが、少しの安全を考慮しつつ最初にできるだけガンガン返済していくという方法は、我が家にとっては正解だったと思っています。

 

ローン完済まで14年と数カ月。

最初の4年は正社員で共働き。出産後約5年間は夫の一馬力。

その後5年は私がパートで5~6万円ほどの収入を得た中での完済でした。

 

夫は今でこそ年収500万円台という収入を得ていますが、14年前は年収350万円。

ジワリジワリとありがたいことに収入は増えていきましたが、一馬力の期間も長かったのでやっぱり大変でした。

 

子どもが産まれてからは、学資保険にも加入したりローンの返済ばかりにお金を回すわけにもいきません。

そんな中でも、その都度家計管理の見直しをしながら、少しずつでも毎年繰り上げ返済を行ってきました。

少ない金額、たとえ年に20万30万円でも地道に返済し続けた結果がいまここにあるなと思います。

 

繰り上げ返済の中で失敗も!

ここまでの返済にあたり、失敗だったこともありました。

大切な繰り上げ返済資金を、当時の私たちは株式投資に使ってしまいました。

少しでも増やそうと考えたんですけどね(笑)

そこであのリーマンショックです。

 

確実に…数年以内に必要であった繰り上げ返済資金を投資に回した結果。

投資金額は一時半分以下となり、損害を取り戻そうとさらに泥沼にはまっていった投資の失敗談です。

投資は必ず余裕資金で♪

楽しく投資を続けていくためには必要なお約束です。

 

よかったら、こちら↓の失敗談の過去記事もご覧くださいね。

 

関連記事

投資とは、銀行預金などより多くの利益を上げることができる可能性がある反面、元金を減らしてしまうリスクがあるものです。 多くの方が、投資を始める前にまずは投資について本やインターネットから情報を得て投資について学ぶだろうと思います。 […]

 

どんな状況でも「そうなってしまったものはどうしようもない。ここからどうしていくのか?」と今できることを考えていく。

やっぱり人生にはそんな前向きな気持ちが必要だなといつも思っています。

 

繰り上げ返済記録を公開!

前置きが長くなってしまいました(汗)

我が家の繰り上げ返済の記録を公開いたします。

 

まずは夫名義の分から。。

 

<融資金額 1700万円(30年)>

①H17.12 240,000円

②H18.7  250,000円

③H19.8  260,000円

④H20.1  260,000円

⑤H20.6  230,000円

⑥H21.7  310,000円

⑦H22.4  200,000円

⑧H23.1  710,000円

⑨H25.1  630,000円

⑩H26.3  420,000円

⑪H27.9  580,000円

⑫H28.8  360,000円

⑬H29.11 430,000円

⑭H30.9  540,000円

⑮R1.9  1,600,000円

⑯R2.2  2,160,000円

計16回の繰り上げ返済により、令和2年2月で完済。

繰り上げ返済総額 約918万円。

 

続いて私名義の分です。

 

<融資金額700万円(20年)>

①H20.1 1,600,000円

②H20.7  650,000円

③H20.11 580,000円

④H21.7  300,000円

⑤H22.4 2,400,000円

計5回の繰り上げ返済により、平成22年4月で完済。

繰り上げ返済総額 約553万円。

 

並べてみると分かりやすいのですが、夫名義の分はかなり地道に少ない金額でも返済にあててきました。

共働きの頃はボーナスが出るたびに、可能な額を返済してきましたね。

 

私名義で最初のころに返済がないのは、上に書いた通り繰り上げ返済資金を全て株につっこみ失敗していたからです(笑)

途中で「これじゃいかん!」と気づき、すべて現金預金に方向転換。

マンション購入から三年後の平成20年に、ようやく160万円を返済しています。

 

その後は月々の積立とボーナスを利用し、できる限りの資金を繰り上げ返済にあててきました。

子どもの将来のためのお金も貯めつつ、家族の楽しみも叶えつつ、子どもが幼稚園入園と同時に私もパートを始めて家計を支え、地道に地道にやってきました。

 

我が家は株式投資をしていますが、株で大儲けしたから完済できたわけではないんです。

親からの援助もありません。

そして年収を公開したとおり、特別高収入なわけでもありません

 

関連記事

  「年収500万円台でも40代で住宅ローンを完済できた!」   そんな我が家を支えてくれたのは、株主優待の存在でした。 これがなかったら、返済のための「節約」がとても苦しいことになっていたことで[…]

 

ただただ、必要なところにだけお金を使い、優先順位の低い支出は徹底的にカット!を心掛けてきただけです。

そうしてできた余裕資金を、たとえ少ない金額でも地道に返済してきた。

数千万円の残高に対し「たった20万円返してもなぁ」という気持ちにもなるかもしれません。

けれど、その小さな積み重ねがやっぱり大切なんだと、いま上に金額を打ち込みながら改めて感じました。

 

貯金も同じですね!

たった月5000円の貯金でも、たまればいつか「家族でディズニー♪」も叶っちゃう金額になるんですよね。

「ディズニーに家族で泊まりで行くと20万円もかかる。ムリ!!!」

と思ってそこで思考停止するのか、「いつか絶対に叶えるぞ!」という思いで月々5000円でも貯金してくのか。

 

この行動ひとつで、「ボーナスで少し余裕ができたから、ディズニー貯金に5万円入れよう」とかって、お金が集まってきたりするんですよ。

そしてなんだかんだいって、当初の計画よりも早く夢が叶っちゃう☆彡

 

関連記事

おはようございます。 今日もご訪問いただき、ありがとうございます。   子供の引き寄せ力は半端ない!   [afTag id=1629]   先月誕生日を迎えた長男。ち[…]

↑息子は小銭貯金でニンテンドースイッチを手に入れました。無理と思わなければ夢は叶う!

 

我が家のローン完済計画も、これとおなじようなものでした。

私はお金のことを考えるのが大好きなので、住宅ローンのおかげでとっても楽しく貯金ができました。

貯金して、繰り上げ返済して、ローンがどんどん減っていくのがとってもワクワクで幸せでしたね(笑)

 

関連記事

みなさま。 あけまして、おめでとうございます。 今日もご訪問いただき、ありがとうございます。   [afTag id=1629]   今年もワクワク楽しく・・・ブログ更新を続けていきたいと[…]

 

まだまだこれから子供にもお金がかかりますし、老後のための貯金も考えていかなくてはいけません。

今後も今まで同様に、

 

「今を楽しみながら、同時に将来にも備える」

 

我が家なりのバランスを楽しく考え、やりくりしていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連記事

こんにちは。 今日もご訪問いただき、ありがとうございます。   夫の年齢は49歳。年収は500万円台。 ごくごく一般のサラリーマン家庭の我が家です。 3200万円のマンションを、親の援助等は一切なしで[…]

関連記事

  2020年2月26日。 本日、最後の住宅ローン引き落としをもって、無事住宅ローン完済となりました。 さて、これで来月からは約6万円の引き落とし(固定支出)がなくなりました。 収入・支出の変化があった際に[…]

関連記事

こんにちは。 今日もご訪問いただき、ありがとうございます。   もしも夫が失業したら、家計はどうなる? 最悪の事態を考え、「最低限の毎月の生活費」を計算してみました。 そんな中で感じる安心感と、主婦と[…]

関連記事

こんにちは。   今日は抵当権抹消手続きをしに、法務局に行ってきました。 前回記事にしたのはコチラ↓ (良かったらこちらの記事からご覧くださいね)   [sitecard subtit[…]

 

今日の記事に「いいね!」「共感できる!」と思ってくれたら、イイねボタンの代わりに1ポチ応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

読者様からの応援ポチが更新の励みになります。

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>note

note

noteで日記を書いています。 ミイコの感じた日々のシアワセ☆ 良かったら、のぞきにきてください。 フォロー、スキ大歓迎! 泣いて喜びます(^○^)