老後2000万円問題~2000万円は老後楽しむためのお金だった

こんにちは。

今日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 

老後2000万円問題。

 

2000万円という大金を具体的に示され、ビビッてしまった人も多いと思います。

まるで「2000万円ないと生きていけないよ」と突き放されたように感じた老後2000万円問題。

でもその2000万円は「生きるため」に必要なお金ではなく、私たちが老後豊かに楽しくすごすために必要なお金でした。

この2000万円問題をずっと”問題”として捉えていくのか、「老後を楽しむためのお金」として前向きに捉えていくのか・・・。

私は断然、後者を選んでいきたいですね!

 

 

2000万円ないと生きて行けないは間違い!

昨日、たまたまLINEニュースである記事を見つけました。

「老後2000万円問題」について、とってもポジティブに書かれた記事でした。

 

この老後2000万円問題。

まるで「2000万円自分で準備しておかないと、老後生きていけないよ」とでもいうような、なにか強迫観念を植え付けられたような印象を持ってしまっている方も少なくないと思います。

私個人としては、年金が徐々に減っていくことはずっと昔からわかりきったことでした。

なので具体的な「2000万円」という数字をみたときも、「そうだよね。年金だけじゃ足りないよね」という感じで、政府を非難する気持ちもなくなんなく受け止めることができました。

とはいっても、上に書いたような「2000万円準備しないと、老後困ったことになる」という受け止め方を私もずっとしていました。

 

その記事には、こんなことが書かれていました。

今も昔もゆとりある老後を過ごしてきた人達は、みんな年金以外に自分で頑張って貯蓄してきた人達である。

今も昔も余裕がない老後を送っている人たちは、年金以外にお金を持たずリタイヤしてしまった人たちです。と。

つまり、こういうことです。

今も昔も同じだよ。ゆとりある老後を過ごしたければ、そのゆとり分は自分自身で準備が必要なんだよって。

 

それを具体的に示してくれたのが、2000万円問題だったというだけ。

それがまるで「2000万円、自分で貯めておけ!」と突き放したかのような解釈が広がってしまったと書かれていました。

 

2000万円は老後楽しむためのお金だった

私の両親は年金の手取りは18万円ほどだと言っていました。介護保険や健康保険を差し引いた金額です。

扶養する子供もいない。持ち家がある。

この条件なら、年金の18万円で私なら夫と二人十分に生活していける金額だと感じました。

 

私たちが年金を受け取るころにはこれより減っているとは思いますが、それでも身の丈に合った節約術が身に付いていれば、食うに困らない程度の年金はいただけるはず。

年金で最低限の生活はできる。

そう考えると、この「足りない」とうわさの2000万円は、老後を楽しむための娯楽費、交際費になるわけです。

 

私は老後に夫と二人、毎朝散歩しながらのモーニングを楽しみたいと思っていますし、旅行も大好きなので身体が動くうちは夫婦でたくさんの場所に行きたいと考えています。

そういった趣味のお金はきっと年金では賄えません。

けれどこんな贅沢費を、国に出してもらおうとも考えませんよね。

そう。2000万円は、自分の老後の楽しみのため、豊かな老後を過ごすために必要なお金だったんです。

 

そう考えると、政府や国を責める気持ちがなくなってきませんか?

そして「将来困るから」という理由ではなく、「自分が楽しむため」という目的での貯金は、もっと楽しく始めることができますよね?

年一回の旅行のため、家族の楽しみのために、積立貯金をしている方もきっとたくさんみえると思います。

その貯金って、たまっていくのが楽しくて、ワクワクしながらできる貯金だと思うんです。

 

2000万円は、自分が老後を楽しく過ごすためのお金。

そう考えるだけで、私の中でこの老後2000万円問題が一気に”問題”ではなくなりました。

 

そうはいっても計画は必要ですよね

我が家は分譲マンションなので、一応は持ち家です。

けれど住宅ローンが終わっても、管理費・修繕積立費などの経費は一生つづきます。

それを計算に入れておかなければいけません。

 

持ち家を持たず、一生賃貸の方はもっと老後の負担が多いですよね。

けれどその代わりに、持ち家の人が現役時代に必要だった住宅の頭金やら住宅ローンの金利負担がないわけですから、その分を今から将来のために貯金しておくということをやはり考えておかなければいけないと思います。

持ち家も賃貸も両方メリットデメリットがありますから、どっちを選んでも将来のリスクについて備える気持ちが必要です。

そこから目を背けていては、老後困っても自己責任だということですよね。

 

 

私は結婚当時、夫と共に自営業者となりました。

自営業者はみなさんご存知のとおり、国民年金しかありません。

老後の備えは完全に自己責任となります。

そして私自身、当時やはりそこをすごく意識しました。

 

老後2000万円問題が叫ばれる前から、自営業者は「年金だけでは生活できない」が当たり前だった。

きっとほとんどの自営業者の方が若い頃から老後を意識し、自分で国民年金基金に入ったり、個人年金保険に加入したりでそれぞれが自分の老後の生活に向き合ってきたと思います。

もちろんそうでない方もいると思いますが、老後困っても自己責任。そう思いますよね?

 

サラリーマン世帯も基本的には、これと同じ意識が必要ではないかなと感じます。

厚生年金はありがたいものですが、自分の趣味の贅沢費までは出してもらえない。

老後好きなことをして楽しく過ごすため、今必要なお金とバランスを取って真剣に将来のことを考えていく。

 

それらの計画はやはり人それぞれ。

今しかできないこともありますし、今と将来のお金のバランス、我が家なりの家計管理が必要です。

国が・・・年金が・・・と、どうにもならないことを考えるよりも、「年一回の旅行資金!」の感覚で、自分たちの将来のワクワクのため、楽しく貯金できる人が増えたらいいなと思います。

 

LINE NEWS

昨年話題になった「老後2000万円」といえば、もはやほとんどの日本人の話のネタとなってしまいました。喫茶店でも居酒屋でも…

 

こちらの記事、ぜひ読んでみてください。

将来のことを、きっと明るく考えられるようになると思います☆彡

 

 

今日の記事に「いいね」「共感できる!」と思ってくれたら、「イイね」ボタンの代わりに1ポチお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

いつもありがとうございます(^○^)

最新情報をチェックしよう!
>note

note

noteで日記を書いています。 ミイコの感じた日々のシアワセ☆ 良かったら、のぞきにきてください。 フォロー、スキ大歓迎! 泣いて喜びます(^○^)